がん検査とがん診断

がん検査とがん診断

  • がんの診断はたくさんの段階を経て実施されます。
 
がんであると診断されたら、すぐにでも治療して欲しいと考えるでしょう。
実際にはとても多くの検査があります。
治療スケジュールが決定するまで、イライラするかもしれません。
がん治療では治療効果を最大限に得ること体の負担を最低限にすることのふたつを考えてゆきます。
 
例えば手術によって癌細胞そのものを可能な限り減らします。
抗がん剤治療や放射線治療で癌細胞を減らすアプローチをします。
手術による合併症や後遺症を減らしたり、放射線治療や薬物治療の副作用を軽くしたりします。
それをするには、患者さまがこれまでにかかった病歴を調べなければなりません。
そのために詳しい診察と検査が実施されます。
 
担当医師の問診と診察がまず最初に行われます。
基本的には体の状態や体調・症状について丁寧に聞かれます。
それ以外には診断の手がかりを得たいので、これまでの病歴や現在治療中の病気を調べます。
ご家族や血縁者がかかっていた病気の家族歴や喫煙・飲酒・職業などの生活習慣を質問されます。
 
これらのデータをもとにして、さらに血液検査・画像検査をして詳しい情報を得ます。
必要に応じて病変の一部を採取したり、針を刺して吸引したりします。
メスを利用して癌細胞の一部始終を切除して採取します。
採取した癌細胞やがん組織を顕微鏡で観察します。
こういった検査を病理検査とか病理診断と呼ばれています。
 
治療方針を検討するためには癌細胞がどのような広がりを調べます。
それと同時進行で心臓・呼吸・肝臓・腎臓をはじめとして体の機能や状態を客観的に調べます。
がんの治療を受けることができるかを評価されます。
 
  • 検査と診断はどのように進めていくのか?
 
がんが出来ている場所や種類によってがん検査とがん診断の進め方は違います。
一般的にはいくつかの検査結果を組み合わせることによって多角的な視野から診断します。
肺がんを診断する場合は病理検査とCTを使った画像検査を組み合わせながら、
腫瘍マーカーの結果を参考にしながら評価します。
 
実際の進め方をご紹介しておきましょう。

1番目論文などによって多くの医師に認められた検査方法でがんの存在を見極めます
信頼性が高い方法を使います。
2番目は、がんの広がりが正確にしめしているかどうかです。
3番目は、検査によって得られた情報や検査をすることの患者さまの体の負担や合併症や費用面を検討します。

こういったことで、患者さまの個別の状態によって方針を決めます。
とりわけ緊急にがん治療をスタートする必要があると判断した場合は、救命を最優先に考えます。
すぐに治療を開始することもあり、ケースバイケースです。




 

ベリーダンス衣装